Blog in Japanese

Written By: morunda | Posted in: Blog in Japanese,

変化、合併、買収、リストラが続くこの時代の中で、シェークスピアが「ジュリアス・シーザー」の中に記した一節を思い出さずにはいれません。 「人生には潮の満ち引きのように浮き沈みがある。 潮が満ちる時には富に導かれ、潮の引く時には人生の航海の全てが浅瀬に乗り上げみじめに終わる。」人はたいてい、個人的な危機状況に陥らないと、叡智が生まれ育たないものです。職を失った万有製薬とファイザーの元社員には、これがいくらかの慰めになるかもしれません。どちらの会社も、解雇は単にグローバル市場の影響を受けたものだと言いますし、またどちらも問題の一端を担っていました。医薬品の臨床開発の取りやめ、特許の有効期限切れ、そしてこの大手製薬会社のどちらもが訴訟問題に直面していました。では、これによって個人個人はどのような影響を受けたのでしょうか?この状況下でリストラにあった中間管理職や取締役の中で、いったい何人の人がこれを「転職の絶好のチャンス」だと受け止めることができたでしょう?   Read More >>

Written By: morunda | Posted in: Blog in Japanese,

優れた営業マンと呼ばれる人達には、全員に共通した交渉の原則があります。彼らは、決して初めての交渉の場で金額の話を持ち出したりはしません。なぜなら商品を購入するのは感情的な決断だからです。私たちは、できる限り戦略的に決定の便益分析をしますが、結局のところ、このプロセスを左右するのは感情なのです。   Read More >>

Written By: morunda | Posted in: Blog in Japanese,

いわれのない「恐れ」に負けて、条件の良いキャリアチャンスを逃してしまうことがあります。その不安のいくつかは、自己分析や反省によって、確かに根拠のあるものだと実証されることもありますが、ほとんどの場合、「恐れ」は、偽りの事実を真実だと思い込ませる偽証に過ぎないのです。   Read More >>

Written By: morunda | Posted in: Blog in Japanese,

43歳のプロダクトマネジャーは、同時に3つのオファーを受け、彼の人生の中で最大の決断を迫られていました。 この経験豊富な幹部は、多大な時間を費やして自分が興味を持つ2社の業務について調べ、厳しい面接プロセスを耐え抜きました。最初のオファーは業界上位5社のグローバル企業からであり、2つ目の話は欧州の小さい非公開企業からでした。その後、土壇場になって、現在勤務している会社がカウンターオファーを提示してきたのです。   Read More >>

Talent Search

Morunda Blue

Retained Search

Connect with us

数年前、日本でアドエア (Advair) のブランド・ディレクター候補を探しました。当時、

Read more >

ある金曜日の午後、担当中の候補者に会いました。マーケティング・ディレクターの

Read more >

2016年5月、私は激痛に苦しみ、持病の潰瘍性大腸炎(2004年診断)の状態を診てもらおう

Read more >

アジア諸国で働く人材紹介コンサルタントは、日々、候補者に求人案件への応募を呼

Read more >

科学や医学の世界は、セレンディピティ(serendipity)な発見に溢れています。ケンブリッ

Read more >

候補者が内定を受け入れるべきかとリクルーターに問うことは、髪を切る必要がある

Read more >